お子様の癖・日常生活の注意

お子様のこんな癖はありませんか?

指しゃぶり

3~4歳ぐらいまでのお子様にみられます。この時期は、まだ永久歯は生えていませんので、歯並びに大きな影響を与えるということは考えられにくいとされています。
しかし、前歯の永久歯が生えかわった後の年齢でも指しゃぶりを続けていると、出っ歯や、不正咬合の原因となります。
また、強い癖が歯に影響を及ぼし、いつまでたっても歯が生えてこないということもあります。

装置をつけた だけじゃきれいに ならないよ!
口をぽかんと開けている

ふとお子様を見ているといつも口をポカンと開けている。
そんな状況はありませんか?
口呼吸は、健康面でも口の中や喉が乾燥してしまうために風邪をひきやすく、唾液量が少なくなり、虫歯や歯肉の病気を引き起こしやすくなる場合があります。また、顎の発育にも良くない影響を与え、歯並びにも影響をもたらします。

癖

いつも舌を前歯に挟んでいる、前歯を下唇で強く押している、顎を鳴らしている、歯を食いしばっている…
お子様には様々な癖があります。日々の積み重ねで歯並びに影響を及ぼしてきます。
症状が出る前に、悪い癖を直すよう、指導していきます。

日常で気をつけて頂きたいこと

日常で気をつけて頂きたいことのイメージ
食べ物

基本的には何を食べても大丈夫です。
でも、固いものや歯にくっつくキャラメルやガムは注意して食べてね。

歯磨き

取り外しができる矯正装置の場合は良いですが、ブラケットなどの取り外しができない装置の場合、食べ物のカスがたまりやすく、むし歯や歯周病になりやすい状態です。むし歯になると矯正期間が長引いたり、治療を一時ストップさせることになってしまうので、いつもよりも丁寧に慎重に歯磨きをおこないましょう。

こんなトラブルにご注意ください。

ズキズキした痛みがある ワイヤーが切れたり、口の中にワイヤーが刺さっている感覚がある ブラケットが外れてしまった運動中、転んで歯がグラグラになってしまった
こんな場合はすぐに当院までお電話ください。

ご自宅だけでなく、学校での授業中、スポーツをしている時にふと矯正装置が外れてしまったり、歯に大きな力がかかってしまうことがあります。
何かあったらまず、お電話ください。

めがねザル先生のちょっといい話
チーム ブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード