矯正治療に関するQ&A

矯正治療を受けられる方から寄せられたご質問

ここでは、皆さんからご相談いただいた際によくお聞きする質問を掲載しています。
これ以外にもご不安な点などありましたら、お気軽にメール・お電話にてご相談ください。

歯並びを治すのはなぜですか?

まず見た目が良くなり、内面的特に性格が前向きになります。歯並びが良くなることで、ブラッシングがしやすくなり、虫歯・歯周病予防になります。
かみ合わせも良くなることで、唾液の分泌もよくなり、免疫力が高まり、お口の周りの筋肉も引き締まります。精神面・健康面で良くなります。

矯正治療をはじめる時期はいつがいいですか?

技術や装置の進歩により、一概に何歳とはいえません。歯の生え変わりや歯並びの状態により適した時期が異なってきます。小学生から始める場合、成長を利用することができ、なるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができる可能性が高まります。それ以降の年齢でもなるべく多くの歯を生かせるように考えながら治療します。ただ目安として、小児矯正治療(一期治療3歳~12歳 混合歯列期)、成人矯正治療(二期治療13歳~永久歯列)となることが多いです。

他の歯科医院で永久歯が生えるまで待つように言われたのですが?

歯科医院に行くと、前歯の永久歯の生え方悪いので相談すると、永久歯が生え揃ってから判断しましょうと言われた経験がありませんか。永久歯が生え揃う12歳前後では、悪い歯並びが完成してしまいます。そして顎の骨も益々成長していきます。小児矯正治療では、成長、歯の交換期を見ながら歯並びや顎の大きさを整えていきます。少なくとも一度10歳前後までには、ご相談下さい。

矯正治療は何歳ぐらいまでできますか?

矯正は何歳でも出来ますが、物事の理解力や協力がないとできません。また成人の方で歯周病が重度の場合は、歯周病治療が優先されます。また顎関節症や骨変形症は、重度の場合矯正治療ができません。

矯正治療にはどれくらいの期間かかりますか?

歯の状態や年令、装置などによって矯正期間には個人差があります。部分的な歯の治療や歯を抜かない場合は1年~1年半で治るものもあります。症状がひどい場合や歯を抜くなどの治療が必要な場合は2年~3年を要し、その後、歯が元の位置に戻らないように保定する期間が必要になります。

矯正治療費はどれくらいかかりますか?

矯正治療は、一部の特別な場合を除いて保険が適用されないため,全額自費診療となります。歯の状態や装置により料金も変わってきます。詳しい矯正治療費用については、「矯正治療料金について」をご覧ください。当院では分割でのお支払いも可能です。また、クレジットカードも取り扱っておりますのでお気軽にご相談下さい。
料金一覧はこちら>>

矯正治療は痛くありませんか?

まったく何ともないと言えばうそになりますが、弱い力で少しずつ歯を動かしていくため、想像する程の痛みや不快感はありません。初めは歯が浮いたり痛みや違和感を感じるかもしれませんが、その程度には個人差があり、1週間~10日で慣れます。

矯正治療で歯を抜くこともありますか?

歯を抜かずに矯正することもありますが、歯を抜いて(抜歯)矯正することも、もちろんあります。検査時に歯を抜く必要があるかないかを判断します。歯の大きさや数、あごの大きさに問題がある場合や、歯の並ぶスペースが狭い場合、歯を抜いて作ったスペースに歯を移動させてきれいに歯並びを整えます。子供の時から矯正治療を始めれば、歯を抜かずにに済むことも多いです。

矯正治療中に虫歯になりませんか?

特に固定式の取り外しできない矯正装置の場合、歯磨きは難しくなり、汚れがつきやすくなることは事実です。治療中は、丁寧にブラッシング指導をさせていただきます。指導通りにきちんと歯みがきをすることで、虫歯を防ぐことができます。また年齢の低い方や虫歯になりやすい状態の方には取り外し式の矯正装置にするなどの工夫で、汚れのたまりにくい環境にすることもできます。

小児矯正と成人矯正の違いはなんですか?

小児矯正の最大のメリットは、骨が成長・抑制することをコントロールできることです。そして歯を抜かずに歯並びとかみ合わせを良くすることができる可能性が高くなります。成人矯正は、骨格が完成していることが多く、顎の中に歯を並べることに限界があり、抜歯する可能性が高くなります。

自分も歯並びが悪いので子供の歯並びがどうなるか心配なのですが…?

骨格や歯は内臓といわれ、遺伝的要素が60%以上あるといわれています。親戚やご両親様が歯並びが悪いと、お子様もそれを受け継いでいる可能性があります。お子様の受け口でしたら3歳~、骨格的な問題でしたら6歳~治療が可能ですのでご相談下さい。

矯正治療中のスポーツや運動は大丈夫ですか?

基本的には大丈夫ですが、ボクシングなどの激しい運動の場合は避けていただくか、マウスピースを製作させていただくことになります。

矯正中のうまく歯磨きできるか心配です…。

矯正装置が入ることで今まで以上に時間をかけ丁寧にブラッシングする必要があります。せっかく歯並びが良くなっても虫歯や歯周病になるリスクがあります。治療に入る前に正しいブラシングの仕方を学んでいただきます。またウォーターピックなどの補助清掃具も使用することをおすすめいたします。

矯正中に引越しなったらどうなるの?

矯正開始時は大きなイベントごと、引越し、受験、結婚などは避けていただくことを、おすすめします。また引越し先に提携先の医院があればご紹介させて頂きますが、基本的には治療が進んだ分だけの費用は頂き、差額分は返金いたします。

保定装置ってなんですか?

矯正装置が取れた後、歯の後戻りを防ぐための装置です。矯正治療終了後も最低半年以上は、夜間取り外しの保定装置をいれていただきます。
めがねザル先生のちょっといい話
チーム ブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード