矯正応援☆BLOG

2017年3月27日 月曜日

三つ子の魂、百まで かな?

歯並びは、遺伝や悪習癖が関係していますが、赤ちゃんから成長していく過程で重要なことがあります。
姿勢や顔つきが似るのは、遺伝的な要素ばかりではありません。  親や祖父母、保育士、教員など、周囲にいる大人のまねを
子供がしているのです。
食事でも単に姿勢だけでなく、舌や口、あごの使い方、しゃべり方、表情の作り方など、子供は知らず知らずのうちにまねをして
動作を学習し、体得しているのです。
姿勢や動作は、大きくなればなるほど習慣として定着します。
「三つ子の魂、百まで」のことわざもあります。
食事や姿勢など基本的な生活習慣は就学前に整えておきたいものですね。

投稿者 キョウコ | 記事URL

2017年2月10日 金曜日

チョコ味?

2月14日はバレンタインデーです。 美味しいいろんなチョコがたくさんありますね。
歯みがき剤にもチョコ味があるんですよ。
矯正をしているときは特にブラッシングが大切です。
でも嫌だったりめんどうだったりする時がありますよね。
そんな時は歯みがき剤の味を変えてみてはいかがでしょうか? 
歯みがき剤のチョコ味ならブラッシングしながら楽しくなりますよ。
お子様の仕上げ磨きにもご利用をおススメします。

投稿者 キョウコ | 記事URL

2017年1月29日 日曜日

笑顔ー表情筋を使おう

笑う門には福来る
単に声を出して笑うだけでも白血球の一部が積極的に働くようになり、体の免疫力が向上します。
顔の 筋肉 は笑顔をつくるだけなく、健康な口を保つために必要です。成長期では口を 閉じて回数多く噛むことがあごの成長を促進します。唇で口を閉じないと、歯並びかみ合わせが壊れます。
また、くいしばりがあると、高齢者では歯周病が進行します。顔の筋肉も早くたるみます。

投稿者 キョウコ | 記事URL

2016年12月30日 金曜日

口呼吸と舌

口呼吸習慣 があると舌 粘膜が乾燥するので、舌の先に茶色い斑点が目立 ったり、舌全体が赤い、舌の表面が荒れている、
ざらざらする、ひりひりする、舌に溝やまだら模様など炎症やさまざまな 症状がみられるようになります。

舌の調子が悪いと思われる 方は口 呼吸していないか確認してみてはいかがですか。

投稿者 キョウコ | 記事URL

2016年11月30日 水曜日

寝相と健康

何気なく取っている睡眠ですが、寝相と健康は大いに関係があります。骨や関節の特性を考えると、うつ伏せや横向きの睡眠姿勢は
k好ましくありません。 あごや口にも悪い影響を与えます。 あごが横にずれ顔がゆがむという傾向も確認されています。

骨はつねに造り替えられています。成長期だけでなく、60歳、70歳になっても歯は動くし、骨の形が変わります。
寝相は、同じ姿勢を長時間続けるので なおさら危険なことがわかりますね。

投稿者 キョウコ | 記事URL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
めがねザル先生のちょっといい話
チーム ブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード