TOP > 装置一覧・アフターケア

装置一覧・アフターケア

子供の矯正装置

大人も子供もできる矯正装置

保定装置

歯並びがキレイになったからと言って終わりではありません。「後戻り」しない為にもしっかりとしたアフターケアが大切です。
保定装置のイメージ

長い間、矯正治療お疲れ様でした。
矯正治療はこれで終わりではありません。
このまま放っておくと歯並びに「後戻り」あるいは「新たな不正」という現象がおこってしまいます。
そこで、リテーナーを使って保定処置を必ず行なう必要があります。
リテーナーとは、『歯を動かさないための装置』です。矯正装置を外した後は、歯の周りの骨と歯茎の状態はとても不安定な状態です。
そこで矯正治療後も正しい位置に歯を固定しておく必要があります。

保定装置の装着期間は?

矯正治療終了後、約1年間は、歯が非常に後戻りしやすい状態なので、歯を磨くときやご飯の時以外は、お口に装着しましょう。
※保定装置の装着期間は個人差があります。

3~6ヶ月毎に定期健診を受けましょう。

矯正治療終了後も、しっかりと保定装置をしましょう。

めがねザル先生のちょっといい話
チーム ブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード